feedM.E.

栄養改善データベース

注目の栄養素:HMB

HOME > 注目の栄養素 > HMB(β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸)

HMB(β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸)

HMBは、分岐鎖アミノ酸(BCAA)の1つであるロイシンの代謝産物で、その働きは主に次の3つです。

1. タンパク質の合成促進

細胞の分裂や成長、細胞構成に関与しているmTOR(mammalian target of rapamycin)経路を経てタンパク質の合成を促進することが報告されています1)

2. 体タンパク質の分解抑制

細胞膜の構成成分であるコレステロールに代謝され2)、筋鞘を安定化させるのであろうと考えられています3)。また、細胞内タンパク質分解経路であるユビキチン-プロテアソーム系を抑制することから、体タンパク質の分解を抑制することが報告されています4)。このことが、速やかな創傷治癒をサポートすると考えられています。

3. 過剰な炎症反応の調整

COPD患者の白血球数やCRPを有意に低下させ5)、慢性の炎症反応の発生に深く関与している転写因子NF-κB自身の発現を制御されることが報告されているため6)、慢性創傷などによる長期の炎症反応の改善が期待できます。

最近われわれは、HMBが肝性トリグリセリドリパーゼ(hepatic triglyceride lipase:HTGL)の活性化作用も有することを見出しました。このことからHMBは、リポタンパク質代謝やエネルギー代謝に関与することで、組織修復を促進する作用も有すると考えられます。

参考文献

  • 1)Eley HL, Russell ST, Baxter JH, et al: Signaling pathways initiated by β-hydroxy-β-methylbutyrate to attenuate the depression of protein synthesis in skeletal muscle in response to cachectic stimuli. Am J Physiol Endocrinol Metab 293; E923-E931, 2007.
  • 2)Nissen SL, Abumrad NN: Nutritional role of the leucine metabolite β-hydroxy β-methylbutyrate (HMB). J Nutr Biochem 8; 300-311, 1997.
  • 3)Wilson GJ, Wilson JM, Manninen AH: Effects of β-hydroxy-β-methylbutyrate (HMB) on exercise performance and body composition across varying levels of age, sex, and training experience: A review. Nutrition and Metabolism 5; 1-17, 2008.
  • 4)Smith HJ, Mukerji P, Tisdale MJ: Attenuation of proteasome-induced proteolysis in skeletal muscle by β-hydroxy-β-methylbutyrate in cancer-induced muscle loss. Cancer Res 65; 277-283, 2005.
  • 5)Hsieh LC, Chien SL, Huang MS, et al: Anti-inflammatory and anticatabolic effects of short-term β-hydroxy β-methylbutyrate supplementation on chronic obstructive pulmonary disease patients in intensive care unit. Asia Pac J Clin Nutr 15; 544-550, 2006.
  • 6)Nunes EA, Kuczera D, Brito GA, et al: β-hydroxy β-methylbutyrate supplementation reduces tumor growth and tumor cell proliferation ex vivo and prevents cachexia in Walker 256 tumor-bearing rats by modifying nuclear factor-kappaB expression. Nutr Res 28; 487-493, 2008.